みやざわ社会福祉士・行政書士事務所

                                  

今日はダービー

めでたいな♪

宮澤です。

世の中にはいろいろなダービーがありますが、たぶん真っ先に思い浮かぶのは、中央競馬の「日本ダービー」でしょうか。
正式な名称は「東京優駿」ですね。
馬にとっては一生に一度、すべてのホースマンが憧れる夢の舞台。
今年で第84回だそうです。

東京に住んでいた時に、一度だけ日本ダービーを生で見たことがあります。
1996年(H8年)の東京競馬場。
武豊騎乗のダンスインザダークから馬券を買っていて、直線抜けだしたので「いただき!」と思ったら、フサイチコンコルドがぶっ飛んできて交わされ2着になり呆然としたという、良い思い出がない日本ダービー(笑)。

有馬記念と日本ダービーだけは馬券を買う、というライトユーザーもおられるでしょう。
僕もその一人ですが。
今年の日本ダービーは、戸崎圭太騎乗のペルシアンナイトから。
戸崎騎手(大井競馬からJRAに移籍)がダービージョッキーになって、先日7,000勝を達成した大井の帝王・的場文男騎手にも悲願の「東京ダービー」ジョッキーになってもらいましょう。



それでは、歩いて水光園へ温泉に入ってきます。


【追記】
優勝したのはC.ルメール騎乗のレイデオロ、推したペルシアンナイトは7着でした。
向こう正面で勝ち馬に連れて上がって行った時には「オオッ!?」と思いましたが。。。
全馬無事で何より。
関係者のみなさま、馬券的中のみなさま、おめでとうございます。