みやざわ社会福祉士・行政書士事務所

                                  

DA PUMPの、うさ踊り

宮澤です。

平原まつりが終わった途端に、帯広は晴れの日が続いています。
雨で史上初めて中止になった盆踊り大会、練習してきた人や楽しみにしていた人には残念でしょうね。

夏らしいイベントで残っているのは、25日の道新花火大会くらいでしょうか。
学生さんには、夏休みの宿題も残っていたりして。
懐かしいよね、読書感想文とか。

今月4日に札幌へ行った時に買ってきた本が、今年の夏の愛読書です。
「どうせ、うさぎ関連だろ?」
って思った方。


なんでわかったの?(笑)

『うちのうさ うさぎあるあるフォトエッセイ』(誠文堂新光社)です。
うさぎの習性あるあると、うさ飼い(うさぎの飼い主)あるあるを、めんこいうさぎの写真で紹介しています。

例えば、うさぎの習性あるあるでは
「家政婦は見た! のように、気づくと物陰から顔をのぞかせて飼い主の様子を見ている」とか、
「なでなでしてほしさに、頭をつき出す」とか、
「バナナを食べると、おしりがピクピクうごめいてしまう」とか。
どこのうさぎさんも、そうなのね。

共感しっぱなしだったのが、うさ飼いあるある。
「うさぎが寝転がっていると、怒られるとわかっていても足の裏を触りたくなる」とか、
「家計簿に”うさぎ費”という項目を作成」とか、
「”うさぎがいるから旅行も行けなくてさー”と、うれしそうに言う」とか。

・・あれ、みんなが離れていく気がする(笑)。

まだありますよ。
「携帯電話で”う”と入力すると、真っ先に”うさぎ”と予測変換される」とか、
「”ウナギ価格が高騰”を”ウサギ価格が高騰”と読み違えて動揺する」とか、
「”USA”という表記を見かけたら、わかっていても一度は”うさ”と読む」とか。

これらのあるあるを噛み締めて自分の「うさぎ愛」を確認するのが正しい読み方でしょうが(あぁ、これ以上離れないでぇぇ)、めんこいうさぎの写真を眺めるだけでもビールがビールが進むくん♪ です。
これだけ楽しませてもらって、定価1,080円は安いよね。
さぁ、みんなも”うさぎ費”に1,080円を計上しよう(笑)。