みやざわ社会福祉士・行政書士事務所

                                  

うさぎ島に行ってきた。その1

宮澤です。

前回のブログを見て「宮澤がわくわくすることと言ったら、うさぎ関連しかないのでは?」と思った方。
正解(笑)。

FP2級合格記念旅行と銘打って、瀬戸内海に浮かぶ大久野島(おおくのしま)、通称「うさぎ島」に行ってきました。
うさぎ島は広島県竹原市にあって、うさぎが約700羽自生する、周囲4kmほどの小さな無人島です。


旅行行程
5月 9日 帯広→新千歳空港→広島空港→三原
  10日 三原→忠海(ただのうみ)→大久野島
  11日 大久野島→忠海→岡山→伊丹空港→新千歳空港→帯広
安く上げるためにJALのマイレージや都市間バスを使って、うさぎ島で24時間滞在できる旅程を組みました。
うさぎ愛も、行きつくところまで行っちゃった気がします(笑)。

初日は帯広を11時半に出て、約7時間の移動でした。
トラブルといえば
・新千歳空港のラウンジサービス(dポイントクラブの抽選で当選)で調子に乗ってビールを3杯飲んでいたら、出発間際になって呼び出された
・機内誌で淡路市のゆるキャラが「あわ姫」だと知って、旅行目的を変えちゃおうかと思った
ことくらいでしょうか。
うさぎ島へのフェリーは、7時台から18時台まで1時間に1~2本出ていますが、もう最終便は出てしまっているので、三原の安宿(失礼)で翌日に備えます。

2日目はホテルを8時前に出て、うさぎ島へ向かいます。
最寄りの港町、忠海へ向かうJR呉線の車内で、かわいい女子高生たちが「1限から数学じゃけんね」といった土地の方言を聞くのも、旅の楽しみのひとつですね。
忠海のスーパー「マミー」で、うさぎにあげるペレットやニンジンなどを買い足して、フェリーに乗船です。


忠海港フェリー乗り場の時計にも、うさぎがいます。
なぜ4の位置なんでしょう? わかるかな?

フェリーに乗って約15分後、死にたいくらいに憧れた(by長渕剛)うさぎ島へ上陸です。
桟橋を渡ったところで、うさぎが待ち構えていました。


記念すべき、第1うさぎ発見。


第2、第3、第4、、、


見渡せば、うさぎ。

 
視界には、たいていうさぎが入ります。
まさに、うさぎの楽園。

僕も気がつけば、2日間で写真を450枚以上撮っていました(笑)。
しばらくは「うさぎ島に行ってきた」シリーズが続きますので、ご了承を。