みやざわ社会福祉士・行政書士事務所

                                  

マーシーさん

宮澤です。

18日(土)午前中、自動車登録手続きについての研修を受講しました。
29日から31日まで、帯広陸運支局で行われる「行政書士会自動車登録無料相談会」に向けての研修です。
自動車税は、4月1日時点の所有者に請求されます。
そのため、年度末は車を他の人に譲ったり、あるいは廃車するなどの申請が多いので、行政書士会が申請書の作成などをお手伝いしています。
日ごろ自動車の手続きを依頼されることがないので、しっかりと勉強してきました。
来談者に迷惑をかけないように、復習しなければ・・。

その日の午後は、「とかちダルク法人設立5周年記念フォーラム」に参加しました。
ダルクは、主に薬物などの依存症を抱える方同士が回復の手助けをする団体です。
当事務所は、とかちダルクの賛助会員になっています。
160人定員の会場がほぼいっぱいになる盛況でした。

日本ダルクの近藤恒夫代表は「薬物依存はこころの病気。孤立化させない一手段としてダルクのような場所が必要」「過ちを正すのでなく、寄り添う支援を」などお話しされました。
マーシーこと田代まさしさんは、日本ダルクのスタッフをしているそうです。
「大切な人(家族)や(芸能人)仲間がいても止められなかった。こんなに止められない病気だと思わない」「薬物依存症は刑務所では治らない。出所後のフォローが必要」など、ジョークを交えて話すのは説得力がありました。
とかちダルクを利用している方も登壇し、「人とつながる、仲間がいることに感謝している」と話す方が多かったです。
生きづらさを抱える人にとって、特に「居場所」が必要になるんだなと思いました。
フォーラムが終わってから、田代まさしさんの本にサインをしてもらいました(ミーハー、笑)。



今日はこれから、音更町へ市民後見の会議に出席します。